2006年09月08日

一言SEO応用実践「訪問者を逃がさない構成を作る」

SEOで増やした訪問者を直帰させずに自分のサイトを見てもらう貯めのサイト構成を!
前回は抽象的な概念論をしましたが、今回は一つ実践的な具体的対策方法をご紹介したいと思います。
あくまで一例でありサイトによって合う合わない等もあると思いますので参考程度までに。

さてその方法ですが、その前に1点。
前提として検索エンジンで訪問してくる訪問者は必ずしもトップページから訪問するわけではないと言う事を覚えておいてください。
トップページを最大限に素晴らしくしたとしても、検索して開いたページが見る影もなければそのまま直帰されてしまうでしょう。

そこで、
各ページに他のページも見てもらえるような対策を施します。

例えば、開いたそのページに「戻る」も「次へ」も「トップへ」も何もリンクがないページだった場合あなたはどうしますか?
ある程度詳しい人ならURLの後ろ部分を削除してトップへと移動できますが、そうでない人達はそのページで完結してしまいます。

つまりは「各ページにリンク移動を設ける」べきだということなんです。
これによりそのサイトのあらゆる場所へと移動できるだけでなく、そのサイトが他にどのような内容の情報を扱っているのかも一目でわかるようになります。

その点ブログと言うのは素晴らしいですよね♪
基本的にどの記事を開いてもサイドメニューを表示して色々な場所へ瞬時に移動できますよね。
このブログを例にすると、SEO対策を目当て(アフィリエイトのために)に訪問した方が開いたとあるSEO対策のページに目を通し、最近の記事の欄を見ると他にもSEOについて書かれていることがわかり、さらにカテゴリーを見ると目的としていたアフィリエイトについても書かれているブログであることがわかる。
といった流れになると思います。

端的ではありますが、各ページに移動のためのリンク等を設けることはそんな効果にも繋がるのかと言う事が少しわかっていただけたのではないかと思います。


[PR]7日で効く!電撃アフィリエイトと神速SEO!!
[PR]アフィリエイトはエーハチネット
banner_03.gif

   
posted by なお at 13:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ランクアップ>SEO対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23340008
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。